和風リフォーム/施工例 I様邸 ~東京都青梅市~

I様邸 ~東京都青梅市~

依頼内容と対応の仕方

以前庭の工事をし、その後家を建て替えられたそうです。それにともない以前に庭工事をした所をそのまま残し、今回新たに新築した家との間を作庭することになりました。

旦那さんは水がお好きで、以前の庭にも多少でしたが流れを設けていました。今回も水の流れを造り、そして池も新たに造ることになりました。

以前のお家ならば庭全体の高低差があり、流れや滝、池も造りやすかったのですが、今回新築するにあたり地盤をあげたため高低差がなくなり、庭全体も狭く非常に難しい条件となりました。

けれど結果的に、それが幸いにも一味違う流れ、滝、池を含んだ庭となりました。
以前の庭とも融合し、一つの庭として完成しました。

以前に庭工事をした部分

アプローチとアプローチ右側部分を施工

以前に庭工事をした部分

家の立替を機に-1の部分の雰囲気を壊さずにマツと家の建物部分の間を新たに今回作庭することになりました。

以前に庭工事をした部分

マツの後ろに池を作庭
正面から見た景観がすっきりとしました。

三月堂灯篭
門から家へと続くアプローチ

夜になると灯篭に明かりが灯り、昼間とはまた一味違う雰囲気になります。

つくばい部分

袈裟型水鉢
(お坊さんの袈裟をイメージした水鉢と言われています)

水鉢に穴をあけ水が湧き出るように工夫しました。
そこから水路を伝い池に水が流れ込むようになっています。

池回り

水鉢から湧き出た水が水路を通り滝として池に流れ込んでいます。

▼コイ、金魚が元気に泳いでいます。
 池のほとりに置き灯篭を配置し夜に
 なると池の水面をやさしく照らします。

三月堂灯篭

石庭

家と車庫(左部分)との間の狭い空間を活かすために特徴のある六方石を使用し重厚感を表現しました。

作庭後すぐの状態

作庭後、数年が経過した状態